肝機能 ガンマGTP 脂肪肝

肝機能のガンマGTPや脂肪肝を気にせず元気な毎日を


不規則な食事、遅い夜食、お酒の飲みすぎ、睡眠不足、ストレス……現代の生活は肝臓に負担をかけることばかりです。

肝臓が健康であるかどうかという肝機能は、血液検査で分かります。肝機能を調べる血液検査項目はいろいろありますが、健康診断でよくおこなわれている基本の検査はALT(GPT) 、AST(GOT) 、γ-GTPです。

γ-GTPはアルコール性肝障害の指標としてよく知られています。アルコールを毎日たくさん飲む人は、γ-GTP値が基準値を超えて高くなります。

他に、肝機能を指摘する検査項目に脂肪肝というのがあります。
脂肪肝とは、中性脂肪が肝臓に蓄積する病気です。

摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスが取れていればよいのですが、脂質や糖質を摂り過ぎていてさらに運動不足の場合には、使いきれなかった脂肪酸やブドウ糖が中性脂肪として肝臓に蓄えられます。
肝臓に脂肪が異常に蓄積されている状態です。


日本人の脂肪肝はここ10年で急増し、1000万人とも言われます。特に30〜40代の男性が増えています。

古来より、しじみは肝臓によいとされ、さまざまな栄養成分が豊富に、バランスよく含まれています。
肝臓を助けるといわれる栄養素、硫黄を含むアミノ酸の一種「タウリン」が、しじみには多く含まれ、ほかにも
メチオニン…肝臓の機能を正常に保つ。
良質のタンパク質…肝臓の細胞の再生・修復を促進し、肝臓の機能を早く回復させる。
ビタミンB2、B12…脂肪の代謝を助け、脂肪肝の進行を予防する。肝臓の機能を高める。
…免疫力を高め、粘膜を丈夫にする。造血作用がある。
アミノ酸のうちタウリンが、肝細胞の再生をうながしたり、肝臓の解毒作用を活発化させます。
さらに、しじみの糖質は即効性の高いエネルギー源であるグリコーゲンが主体なので、肝臓の疲労回復を早めます。

こんな方におすすめします
・外食が多く、忙しくて運動している時間がない……
・断れない飲み会が多く、ついつい連日になる……
・健康診断で、肝臓の数値が気になる……
・油ものがもたれるようになってきた……

「しじみ習慣」でお酒のある楽しい食生活を

しじみ習慣は、新鮮なしじみを煮詰めて作った「超濃厚なしじみエキス」をソフトカプセルにギュッ!と詰めこんだ健康食品です。

↓↓↓無料サンプルの公式サイト↓↓↓




しじみ健康食品売上NO.1 !2004年の販売開始から約10年、累計販売実績が210万箱販売しています。

お酒好きに良いのは「しじみに含まれるビタミン・ミネラル・アミノ酸などの成分」

しじみ習慣は、しじみを煮出して濃厚なエキスをギュッ!と詰め込んだ『自然の食品』です。

「しじみの栄養を自然のバランスでまるごと」摂れます。

しじみ汁をおかわりする感覚で飲めます。

「サラシアプラス」で肝機能や血糖値は安心!


サラシアプラスは、天然ハーブの サラシア(コタラヒム)にギムネマやウコンやオルニチン・酵母等の成分を贅沢に配合しています。

↓↓↓公式サイト↓↓↓


肝心な働きが気になる方に【サラシアプラス】


サラシアは数千年前からインドやスリランカの伝承医療、アーユルヴェーダで古くから糖尿病の予防改善に重宝されてきた天然ハーブです。

肝機能が気になる方 だけでなく、血糖値が高めでお悩みの方 、便秘でお悩みの方 、ダイエットでお悩みの方にもいいと云われています。

「レバリズム-L」で健康な毎日を!

レバリズム-Lは、肝臓の働きをサポートするサプリメントです。

↓↓↓公式サイト↓↓↓




レバリズム-Lは、「肝臓」の解毒力・エネルギー代謝力と、回復力をサポートする6つの成分

1.しじみエキス(静岡県産)
しじみは昔から、肝臓の特効薬と言われてきました。
アンモニアを分解し、解毒作用を助けて肝臓の負担を減らすオルニチンの含有量は、食品の中でもトップ。

2.牡蠣エキス(岡山県産)
牡蠣はアミノ酸の宝庫。特にタウリンは肝臓の解毒分解作用を助け、有害ミネラルの排出を促し、また肝臓にたまった中性脂肪の排出を促進すると言われます。

3.スクワレン(千葉県産)
深海性のアイザメの肝油に含まれるスクワレンは、酸素と結びついて肝臓に酸素を運びます。新陳代謝を高め、免疫力を高める効果も研究されています。

4.L-シスチン
L-シスチンは体内でL-システインに変換され、肝臓の解毒作用に重要なグルタチオンを作るアミノ酸。有害物やアルコールを解毒する作用を支えます。
また豊かな髪やツヤのある健康な爪を保つ効果もあり、メラニンの生成を抑制することで美肌、美白効果も期待できます

5.ビタミンB2
ビタミンB2は脂肪をエネルギーに変える上で重要な役割を果たし、また成長促進、皮膚や粘膜の保護などの効果も。
一度に吸収できる量が限られるので、継続的に摂取する必要があります。

6.ビタミンE
ビタミンEは、肝臓のはたらきを支える重要な成分。体内の活性酸素を非活性化させ、細胞の損傷や老化を防ぐ、抗酸化作用があります。

肝臓の元気は、全身の快調を支える土台です。 肝臓の負担を減らして、有毒物質や中性脂肪を排出し、健康な毎日をすごしたいものです。 沈黙の臓器と言われる「肝臓」・・・症状が出てからでは遅すぎます。 肝臓は体内の有害物質を解毒し、糖や脂質をエネルギーに変える働きをします。 肝臓は驚異の多機能臓器です。 成人の肝臓は約1.5kgもあり、身体の中でいちばん大きな臓器です。 肝臓はエネルギーの代謝、アルコールや有害物質の解毒、ビタミンの合成、胆汁の分泌など、500もの化学処理を行って、私たちの健康を支えています。 昼間私たちが活動しているときは主に糖質、眠っている間は主に脂質をエネルギーに変えます。 日本人の1000万人が脂肪肝と言われています。もともと肝臓ではエネルギー源として脂肪を作り、肝細胞の中にためています。しかし使うエネルギーよりも作られた脂肪のほうが多いと、肝細胞に脂肪がどんどんたまっていきます。 このように脂肪が蓄積し、全肝細胞の30%以上が脂肪化している状態を『脂肪肝』といいます。 肝臓に関連するサプリメントや健康食品の注文・購入方法や送料無料、メリット・デメリットまたは長所・短所・副作用などの情報について、テレビCM、ブログ、Twitter、アットコスメや楽天・amazon、ドラッグストア店舗、公式通販サイトなどを調べてまとめていきます。 お試しサンプルやトライアルの評価、販売価格の比較、人気ランキング、定期購入などの情報も掲載予定です。
www.phillipsmushroom.com/ www.uiowanutritioncenter.com/ www.unresolvedhomicides.com/ www.360-opcvm.com/ www.birdseye-sw.com/
 

サイトマップ

クレジットカ―ド 初心者